穂波センセイの「考えてみませんか? 働くこと・楽しむこと」

  • ブログの紹介
    4人の子育てに追われる一方、ハーバード大公衆衛生大学院リサーチフェローとして、女性のトータルヘルスケア、女性医師の復職支援などで活躍するパワフルウーマン。「決してスマートではない生活」(笑)の中から、皆さんを元気づけるメッセージや、一緒に考えていけるテーマをお届けしていきます。
  • 著者プロフィール
    吉田穂波(よしだ ほなみ) 1998年三重大卒。聖路加国際病院の産婦人科レジデント後、2004年に名大で博士号取得。2004年よりドイツ、イギリスで臨床に携わる。帰国後、「ウィミンズ・ウェルネス 銀座クリニック」でトータルヘルスケアを実践。08年にハーバード大公衆衛生大学院修士課程に入学。10年5月に卒業後、リサーチフェローとして研究を続けている。これまでに4女を出産、子育てにも追われる日々。

2012年06月

子どもと新学期 2/4 ―地元でもボランティアできる

これまでは、患者さんや診察室での人助けはしているけれど、地元に知り合いがいない…主婦のみなさんと友達になりたい…と思っていました。また、いつも仕事があることを理由に、学校の仕事ではFree rider(ただのり、おいしいとこ取り)を決め込んでいたので、「今度は私がお世話役をしないと」と決意。「被災地ボランティアができたのだから、地元でもボランティアができるはず」と考えたのです。

○戸惑うこと、見習うことばかり
けれど実際に、学級代表を始まってみると戸惑うことばかり。平日昼間の学校行事や委員会に出席するため、あっという間に休みが消えていきます。時には、聡明で美しく優しい主婦の皆さんに大目に見ていただくこともありますし、分からないことは何でも相談しながら何とかやっています。主婦の方々のデキルこと、フットワークの軽いこと、パワフルなことなど見習うことばかりです。

長女の小学校は専業主婦の方々が5割で、子どもさんのお稽古事率や子育てのレベルが高い人ばかりで勉強になります。とは言え、私は子ども達を何もお稽古事に通わせておらず、悩むところですが…。

さて、専業主婦の方々に大きな尊敬の念を抱きつつ、皆さんがこんなに良く頑張っていらっしゃるのに、「私は仕事してないから」と謙遜されていたり、「子どものために仕事を辞めたのに、子どもからは『~~ちゃんのお母さんはお仕事していてキレイ。ママは家で何もしてないじゃん」と言われる』と自分を卑下されたり。そんな姿を見るにつけ、私は「もったいない!」と思ってしまいます。

○子育てを大歓迎する雰囲気を
まずは「母親」という、感情的にも肉体的にも精神的にも負担の大きい仕事をしている存在を「本当に良く頑張っている!」と、ほめる習慣を自分の住んでいる地域で作りたい-

そう思って、私は地道な活動ながら、地下鉄などの移動中でも、見知らぬ親御さんが子どもを連れていると、
「本当に偉いですね、良く頑張っていますね。」
「可愛いですね!」
と声をかけるようにしています。

社会が子育てを大歓迎し、称賛する雰囲気が少しでも母親の元気と家族の愛情、そして健康につながればと願っています。

子どもたちと新学期 1/4 ―小学校の学級代表に

春、新しい季節、新学期が始まりました。
小学生から保育園児まで4人の子どもを育てながら走り回る生活は、第一回でご紹介しましたが、今年度初めて小学校の学級代表をお引き受けしました

○ママ友とリフレッシュ
「昭和の長屋のように地域ぐるみで子育てできる環境がいいなぁ」
そんなふうに私は常々考えています。だから、保育園や小学校でつながりの出来たご家族には、気軽に我が家に立ち寄ってもらい、一緒に夕食を食べる機会を持っていました。夫の帰りは早くて夜8時。平日の夕方や日曜日など、私が1人で4人の子どもと過ごしていると、どうしても「親が子どもの面倒を見る」という構図になりがちです。

けれど、ママ友とおしゃべりしながら子ども達と過ごす時間は、母親の私自身にとって育児だけでなく良いリフレッシュの場になりました。また何よりも、子ども達が楽しくご飯を食べられ、来てくださったお母さんから「うちの子、いつもよりたくさん食べるわ」と喜んで帰っていただくのが楽しみです。

自分の大学や職場の友人も大切ですが、同じ年頃の子どもを持ち、いつも挨拶を交わす地域の友人は私にとってかけがえのない「支え合い」の仲間です。中には、我が家と同じく4人のお子さんをお持ちで、なんと現在5人目を妊娠中という方や、異業種のパパ・ママ友もいます。違うバックグラウンドを持った人との出会いが本当に面白いです。

○Human Networkを大事に
とはいえ、「働く母親」だけで集まり、「専業主婦」の皆さんとの接点がないという状態は考えものだと思っていました。働いている、いないにかかわらず、母親同士の支え合いが育児を楽に、楽しくすることがあります。また震災の時には、あまり身近な母親同士で携帯電話番号やメールアドレスを交換していなかったことに気付き、これまで以上に地元のつながり「Human Network」を大事にしたいと痛感しました。その思いのあまり、長女の学級代表に立候補してしまったのです。

親しいママ友からはズバリ。
「被災地支援のボランティアが一段落したので、次は地域のボランティアにエネルギーを向けるのね!」
自分でも気付かなかった理由を言い当てられ、「さすが!鋭いなぁ」と思ってしまいました。「ボランティアで人間総合力を身につけたい」と、自分の研修のためにも、もっと積極的な地域や学校との交流をして行こうと心に誓っているところです。