穂波センセイの「考えてみませんか? 働くこと・楽しむこと」

  • ブログの紹介
    4人の子育てに追われる一方、ハーバード大公衆衛生大学院リサーチフェローとして、女性のトータルヘルスケア、女性医師の復職支援などで活躍するパワフルウーマン。「決してスマートではない生活」(笑)の中から、皆さんを元気づけるメッセージや、一緒に考えていけるテーマをお届けしていきます。
  • 著者プロフィール
    吉田穂波(よしだ ほなみ) 1998年三重大卒。聖路加国際病院の産婦人科レジデント後、2004年に名大で博士号取得。2004年よりドイツ、イギリスで臨床に携わる。帰国後、「ウィミンズ・ウェルネス 銀座クリニック」でトータルヘルスケアを実践。08年にハーバード大公衆衛生大学院修士課程に入学。10年5月に卒業後、リサーチフェローとして研究を続けている。これまでに4女を出産、子育てにも追われる日々。

くれぐれも無理はしないで! (2)

○小さな我慢こそ軽視しない

 そんな私の経験から、
 子育て中のママドクター・パパドクターにアドバイスしたいのは、
 妥協していること(=小さな我慢)こそ軽視しないでほしいということです。

 
 小さな我慢もそれはそれでエネルギーを奪うもの。

 「こんなことで悩んでいるなんてばかばかしい」「甘えているんだ」「弱いんだ」と
ネガティブに考える必要なんてありません。
 「楽をすること」「楽になること」に罪悪感を抱かなくてもいいのではないでしょうか?



○妥協していることリストを作る

 子育ての最初の一歩は、実は本当に大変。

 社会的孤立を感じる時でもありますが、
 地域や家族の小さな労り合い、支え合いによって、子育てはずっと楽になります。

 僭越ながら、特に私がお薦めしたいのが
“小さな我慢をリストアップして、ソリューションを見つけること” です。

 書き出した「妥協していることリスト」を1つ1つ解決していくことで、心の余裕を取り戻すようにしています。

 例えば、
・子どもの保育園の送り迎えを一緒にしてくれる人を見つける、
・自分以外の人がしたほうがいい家事・料理はシルバー人材センターの方やファミリー
 サポートさんにお願いする、
・書類をPDF化したり、賀状のあて名を印刷したりというお仕事を業者にお願いする
 といった具合です。


 ある時期の「リスト」はこんな感じでした。

1. 朝晩、4人の送り迎えが大変
2. 毎日、お洗濯が山のようにある
3. 長女のお友達づきあいが心配
4. 自宅でも仕事に集中できる環境がない
5. 部屋が散らかっている
6. 本や資料、授業プリントの整理ができない
7. 泊りがけの出張が出来ない
8. 新聞を読む時間がない



○見て見ぬふりはしない!

 このようにして、自分の中で抱えている不満を書き出すと、

 「どうしたら改善できるか?」
 「何に対し、どのようなとらえ方をしているか?」
 「物の見方が変えられるか?」

 という方向へ考えを進めることができます。


 見て見ぬふりをして解決法を探さない、そしていつの間にか疲れがたまり、仕事や家庭に生きがいを感じられなくなり、楽しむ余裕がなくなる
 このサイクルが一番良くないと思うのです。


 子育て中の医師は、患者さんの人生や背負っているものを含めて患者さんの苦しみを丸ごと受け止める能力を自分の経験から学んでいます。
 同じように、自分の人生管理もトータルで考え、患者さんに気持ちよく接するためにも自分の体や家庭を気遣うのは賢明な生き方だと言えるでしょう。


 他人に助けを求めることに罪悪感を持たず、胸を張って「自分が自然にしていても、楽な状態でも、いいんだ!」 と思えるかどうか、今から「妥協していることリスト」を書いて、解決策を探ってみてはいかがですか?
 
 その上で、「妥協している(=ちょっと我慢していること)リスト」優先順位をつけ、

1. 自分が対処すべきなのか
2. ただちに対処すべきなのか
3. 対処できることなのか
4. 一時的なものなのか、長期的なものなのか
5. 今までに似たような経験をしたか
6. どの程度サポートを得られそうか
7. サポートは、誰から、どのくらい、何時間くらいか

と考えるだけでも、次に進めるかもしれません。


 この場合、「他人に助けを求める」=自分でできないことは自分でやらなくて良い、ということであって、「妥協は許さない」ということではありません。

 どんな小さな願望(妥協していること=小さな我慢)といっても、必ず解決策が見つかるとは限りませんから、それらを全部拾い出して、その実現のために「妥協してはいけない」「解決策を探さなくてはいけない」となったら、ストレスが増してしまいます。


 解決策を考えてもその時点では無理なことは、とりあえず「妥協してよいことリスト」に保存してもよいのではないでしょうか。
 でも、もし、リストアップすることで助けを得られそうなこと、解決できそうなことが一つでも見つかれば、明日からの生活が多少楽になるのは間違いありません。




くれぐれも無理はしないで! (1)

 困っている人ほど、助けを求められない-。
 実は、「無理しない」「困ったら頼む」というのは、意外に曲者。

 頑張っている人ほど無理をしているのに自分ではわからない、本当に困っている時ほど人に頼めないことがあります。
 私の本職である産婦人科診療や、ボランティアの被災地支援でも、そのような状況をよく見かけます。

 ただ、子育て中世代の皆さんにお伝えしたいのは、
 「自分を尊重し、無理してストレスや負担をため込んでしまわないで!」 ということです。

 今回は私の経験から、応援メッセージを送りたいと思います。



○出産後は待ったなしの毎日 


 たとえば、産後のお母さん
 無事赤ちゃんが生まれてホッとしたのもつかの間。妊娠中の生活が夢のように懐かしく思えるほど、
待ったなしの毎日が始まります。

 2時間おきの授乳、おむつ替え、着替えやそのほか細々としたお世話で、気付いたらとっぷり日が暮れていた…。

 4人の子どもを出産した私でも、乳児期はいつも苦労が絶えませんでした。
 ましてや、1人目の出産なら尚更、予測がつかない新生児の対応に追われる中で、
夫婦関係だった夫と、“父親・母親関係”を築かなくてはなりません。

 さらに、友人や親戚との人間関係も変わり、肉体的にも感情的にも大きな負担になると思います。 



○「医師にホンネは言えない」 

 では、そのようなお母さんたちが困っているということを医療機関で話せるかというと、そうではありません。

 私自身が1人目の出産をしたドイツのフランクフルトで、初めて母親同士の本音を話す関係ができた時、
それまで診察室で接していた言葉とはまるで異なっているので驚きました。
 私自身は親しみやすい雰囲気を出そうとしていたのですが、「やはり医師にホンネは言えない」ことがよくわかりました。

 そこで、帰国後に勤務していた産婦人科クリニックでは、
 「出産後退院してから産後1カ月健診まで、ほったらかし」という従来の新生児健診を変更。
 産後2週間でもう一度健診
を行い、退院後の母子の様子を見せてもらう機会を設けました。

 「何かあったら1カ月後検診まで待たずに来て下さいね」と言っても、
退院後に格闘しているお母さんがわざわざ病院に来院するのは難しいもの。

 気になっていることはあるけれど、病院に電話しないまま、受診しないまま今日も日が暮れてしまった…。
 そんな経験した人は多いと思います。 



○小さな変化が大きな変化に 

 それが退院1週間後に受診するスタイルをデフォルト(初期設定のスタイル、とでもいうのでしょうか)にすると、
 来院した新米ママさんたちから、こちらが驚くほどたくさんの質問が出されるようになりました。

 また、産後うつを診断する世界標準とされる「エジンバラ産後うつ病自己調査表」をこの時期に実施したところ、
 産後の抑うつ症状を早期発見したり、助産師さんによる訪問が実現できたり、子育ての負担軽減を図るお手伝いができたりと、育児のスタートを切る時期のサポートとしては非常に有効でした。 



ワーク・ライフ・サティスファクション(1)

医師として多忙を極める皆さんに
 「働くこと」「楽しむこと」について考えていただきたい。
 そして、「生きがいを持って医師としてのお仕事を続けていただきたい」
 と思ったのがこのブログを始めるきっかけです。

 それでは、自分自身はどのようなライフスタイルを実践しているのでしょうか? 

 ポイントは、驚かれるほどシンプルな早寝早起き
 ワーク・ライフ・バランスはまだ試行錯誤中ですが…。



○仕事帰りは急ぎに急いで…  

 17時半すぎ
 仕事を片付けて駅へ向かってダッシュしている私の姿を思い浮かべていただきたいと思います。

 地下鉄の中でも進行方向に向かって走りたいくらい、急ぎに急いで帰ります。降車駅に着くと、まず小学校へ向かい、一人目の子どもをピックアップ。

 そのまま保育園に3人の子どもたちを迎えに走ると、いつも制限時間の18時15分に滑り込みセーフ

 ほっとして、汗がどっと噴き出します
 帰路は大人が歩けば5分の道のりを、子どもたちと一緒に20分以上かけて家路に着きます。

 帰宅後はすぐ夕食です。
 週の半分はシルバー人材センターの70代女性にお夕食を作ってもらっています。

 さすがこの世代は野菜料理も揚げ物も何でもお上手。
 すぐに子どもたちにお夕食を食べさせられるありがたみをしみじみ感じながら、私自身は山のような洗濯ものを片付け、小学校の宿題を点検。可能な限り20時には子どもたちを就寝させます。

 とは言え、就寝時の絵本の読み聞かせタイムには、それぞれの子どもたちがお気に入りの絵本を私の前に山積み。
 どの絵本から先に読むかで、喧嘩が始まることもしばしば。5~6冊読む頃には私の方がうつらうつらしてしまう方が多いのですが、子どもたちは目を輝かせながら「読んで!」「寝ないで!」と起こしてくれます。
 そんなこんなで、子どもたちと一緒に21時には深い眠りに落ちてしまいます。



○子どもは人前では叱らない 

 朝は、可能な限り2時か3時に起きます
 前日の夜21時には寝ているのですから、睡眠時間は6時間前後
 もちろん、朝早く起きられないこともしばしばですが、私のモチベーションが「自分の勉強時間を確保する」「メールのお返事を書く」こと。

 日々の臨床で手いっぱいで、これらが確保できない先生方もいらっしゃることでしょう。
 私も子どもたちを起こす朝6時以降で自分の時間は通勤時間だけになりますから、家の中で自分だけの時間が持てるのは至福のひと時。できるだけ起きるようにしています。

 朝6時からバタバタと朝食、出かける用意をし、7時半には家を出ます。
 小学校と保育園に4人の子どもたちを送っていく道中は、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、時々けんかをしたり、一人がぐずって座り込んだり。
 末っ子の1歳児を抱っこひもで抱えながら、なかなかまっすぐに進んでくれない子どもたちを、時には2人抱きかかえ、30分かけて送り届けます。

 ポイントは「人前で叱らない!」こと。

 もちろん、通行人の邪魔になるような歩き方をする際は「自転車通してあげてね!」
 信号では「走れるかな?」と注意しますが、
 「どうしてグズグズするの?」「早くして!」
 という言葉は子どもたちのプライドを傷つけ、余計に手間と時間がかかります。

 どんなにイライラしても、
 「走るの速いんだよね」「本当は優しいんだよね」
 とおだて、気をそらしながら一歩でも二歩でも前に進むようにしています。



○週の半分は外来診療 

 朝8時から夕方17時半までが、仕事の時間です。
 私は現在、リサーチフェローのポジションをいただき、週の半分は研究をしています。

 テーマは少子化研究ですが、特に医師としての視点を活かし「少子化だから産婦人科医師が減るのではなく、産婦人科医師の疲弊に伴う減少で周産期医療が弱体化しているために日本での少子化がおこっているのではないか」という内容で多種多様なデータを解析したことからハーバードでフェローシップを得ることができました。

 また、「女性が働き続けるためにはどんなファクターが関係しているのか」という社会疫学的研究を含め様々な臨床疫学研究、統計解析のお手伝いなどをしています。
 そうはいっても、臨床が大好きなので週の半分は婦人科の外来診療をしています。主に健診・女性外来を担当させていただいているのですが、患者さんと話すのが楽しく、こういう保健室の先生のような相談しやすい立場というのも社会のニーズが大きいと感じながら働いています。