穂波センセイの「考えてみませんか? 働くこと・楽しむこと」

  • ブログの紹介
    4人の子育てに追われる一方、ハーバード大公衆衛生大学院リサーチフェローとして、女性のトータルヘルスケア、女性医師の復職支援などで活躍するパワフルウーマン。「決してスマートではない生活」(笑)の中から、皆さんを元気づけるメッセージや、一緒に考えていけるテーマをお届けしていきます。
  • 著者プロフィール
    吉田穂波(よしだ ほなみ) 1998年三重大卒。聖路加国際病院の産婦人科レジデント後、2004年に名大で博士号取得。2004年よりドイツ、イギリスで臨床に携わる。帰国後、「ウィミンズ・ウェルネス 銀座クリニック」でトータルヘルスケアを実践。08年にハーバード大公衆衛生大学院修士課程に入学。10年5月に卒業後、リサーチフェローとして研究を続けている。これまでに4女を出産、子育てにも追われる日々。

大震災とお母さんと子育て支援(1/3)

私は、以前は産婦人科医として「いいお産が目標」でしたが、自分が産後にとても苦労したことから、「お産はゴールではなくスタートだ」と身にしみて感じました。

私は自分の世話を後回しにしてしまうお母さんが、いつも気にかかっています。「お母さんにもっと注意といたわりを向けてあげて欲しい」「育児不安で辛い人を一人でも減らしたい」「子育てが大切なことだとわかってはいるけれど、「孤独」を感じてしまう人を一人でも癒したい」――。

そのような気持ちから、東日本大震災後、母子保健及び公衆衛生専門家を求めていた日本プライマリ・ケア連合学会の派遣医師募集に手を挙げ、3月28日からPCATメンバーの一員として宮城県石巻地域、女川町、東松島市での妊産婦支援を始めました

○「特殊な災害後経過」
今回の災害では、津波が多くの人の命を奪ったことと、その後の寒さもあって元気な方しか生き残れなかったケースが多かったため、超急性期のトリアージタッグは緑(健康)か黒(死亡)がほとんど。命を失われたか、生活の基盤を失われたか、のどちらかでした。

また災害医療とはいえ、怪我の対応だけではなく、高齢社会を反映して内科的なケアが必要となりました。日本が先進国の中でも高度医療、及び、少子高齢化社会のトップを走っていることから起こる『特殊な災害後経過』では、今までの認識とは違い、災害発生直後から内科的な対応、そして慢性期のプライマリ・ケア支援が求められたのです。 

人の怪我だけではなく避難所の生活そのものを見る公衆衛生的な視点からの医療支援・避難所管理も必要とされました。PCATはもともとプライマリ・ ヘルス・ケアや地域医療、予防医療を良く知っている先生方のネットワークから産まれた医療支援チームです。今回、被災地に駆け付けた医療支援チームには、人々の普通の暮らし、普通の健康という観点から支援の方法を考えられるチームはあまりいませんでした

○「地域住民の健康をいかに改善させるか」
PCATにはそうした知識に長けた医療者が多く、被災地のニーズに予防医学・地域医療という側面から対応してきました。日本という福祉先進国においては、要介護高齢者が被災者の大多数を占める中、 地域医療や在宅医療、老人医療をよく知るPCATメンバはそうした要援護者の存在を早くから察知。病院で待っているだけではなく、訪問診療の観点から避難所内で自分から患者を探し、診療していくといった『掘り起こしタイプ』の支援を行い、真のニーズに対応していくことができました。

これは国際保健の分野で良く知られる「地域住民の健康をいかに改善させるか」というセオリーと共通するものがあり、災害時には一番必要とされたスタイルだったと思います。


子育て世代の男性と女性のワークライフバランス(2)


家庭は、自分が仕事や人間関係に疲れた時の支えになります。
子どもが歌うでたらめな歌が疲れ切った心をホッと和ませてくれることもあります。何より、子どもが純粋に頼ってくれること、「あれして」「これして」と求めてくること、子どものすさまじい成長ぶりに、大人の私たちが励まされます。

子育て中はワークライフバランスを必死で模索していた方々でも大変な時期は一過性。過ぎてしまえば、大変さは忘れてしまいがちです。けれど、夫にとっても、妻にとっても、家庭が負担となるのではなく、いつも自分の人生を楽しくしてくれるものであってほしいと思っています。

前述の統計結果によると、「夫対妻」の構造で、日本では家事の分担割合が夫1対妻が9、となってしまい、妻の負担が過剰になるために妻が仕事を続けられない状態となることもあります。けれど、夫の分は1のままでも、妻の分担を3に減らし、残りの6はヘルパーさんやシッターさんなどアウトソーシングするという考え方もあります。

また夫婦の中で家事の分担を押し付け合ってケンカをするのではなく、そもそもの家事を見直して、「しなくてもいいことは削る」という方法で分母の10を8にするということもできるかもしれません。

まずは、家事と育児と分け、その中でも洗濯や掃除など物質的なものと、子育てや家族、親せき・友人との人付き合いなどに分け、それをさらに「自分たち夫婦しかできないもの」「自分たちでなくてもできるもの」に細分化してみると、すべてを自分たちで完璧にやりくりする必要がないという気持ちになるかもしれません。
そうすることで夫も妻も心の負担が軽くなり、お互いをいたわる時間が増え、夫婦の楽しい会話が増えるようになるのであれば、家族のためにはその方がいいのです。



○子どもの成長から学ぶ

昔、私はコンプレックスの塊でした。出産までは狭い世界のなかで生きていたので、仕事や人間関係でうまくいかないことがあると、「自分の力不足」ととても落ち込んでいました。

今は子どもたちが失敗を繰り返しながら、成長していく姿を見て「失敗することはいいことなんだ」と教えてもらいました。2歳の子どもがボタンを留める、靴を履くなど、それまでは一人でできなかったことでも親の手を借りずに「自分で!」と、何でもトライする姿に「尻込みしないでチャレンジすることは面白い実験なんだ」と思えるようになりました。

それも、周りの人の支えがあったおかげです。また、子どもが4人とも無事に産まれ、自分自身が出産という生命の危機を乗り越えられ、たくましくなったからこそでしょう。



○感想メールが続々!

掲載号が発売されると、私のもとには知人から「医事新報読みました」というメールが続々! 失礼ながら、「医事新報って、こんなに広く読まれているんだ」と改めて思った次第です。

読者層としては大変真面目な先生方が多いようで(私個人の主観ですが)、ひたむきでけなげで真面目な頑張り屋の先生方からいただいた感想メールがことのほか嬉しかったです。「こういう先生方をイメージしてこのブログで伝えたいことってなんだろう」と考える良いきっかけとなりました。

座談会でご一緒した先生方とは、その後もメールのやり取りが続いています。子育て中の親同士が励まし合い、子どもを持つメリットを伝い合い、ねぎらい合いながら、今後もお付き合いさせていただきたいと思っています。


企画をして下さった医事新報の皆様、座談会で和気あいあいとお話をさせていただいた杉浦ご夫妻、里見ご夫妻には心から感謝申し上げます。
楽しい機会を、本当にありがとうございました!



子育て世代の男性と女性のワークライフバランス(1)


「日本医事新報」(1月14日号)の新春座談会「医師のワークライフバランス」をお読みいただけましたか?
(編集部:座談会には、吉田先生ご夫妻にもご登場いただきました。http://www.jmedj.co.jp/news/view.php?news_id=130)


○「医師カップルの座談会に!」

あの新春座談会は、ちょうど私が「医師不足対策という観点から女性医師がクローズアップされるようになったけれど、男性医師の勤務環境改善も含め、男女両方の働き方やキャリアについて考える必要があるのではないか」と思っていた時期に、医事新報さんから「ワークライフバランス」をテーマにした座談会についてお話があったのがきっかけでした。

「それなら、医師カップルの座談会にしましょうよ!」と私は乗り気。けれど実際は、「そんなこと、できるんですか?聞いたこともない」「座談会に出ていただける医師カップルなんて見つかるの?」と周囲から不安の声もありました。

いま子育てと仕事のやりくり真っ最中の医師カップルを、それも勤務医、開業医、診療科などをバランス良く探すとなると、ちょっと大変そうです。けれど、私には女性側だけでなく、男性側にも語ってほしいという強い思いがありました。



○我が家は夫のほうが大変

男性側にも語ってほしいという強く思うのはなぜかと言うと、座談会でもお話しましたが、我が家の場合は、私よりも夫のほうが大変だからです。

よく国際的な性差別の指標として使用されるものに、夫婦の家事の役割分担における比率というものがあります。少し古いですが、欧米では夫が6割、妻が4割なのに、日本では夫が1割、妻が9割という結果を目にされた方もいらっしゃるかもしれません(参考:総務省統計局「社会生活基本調査報告(2001年)」)。

ワークライフバランスとはいっても、妻の場合はワーク&ライフ&ハウスキーピング(家事やマネジメント)&ケア(家族のお世話)であり、男性と同じ仕事をしていても全体の負荷は、その2~3倍にもなると言われています。

我が家でも、1歳から7歳まで4人の子どもを育てる中で、シルバー人材センターの方に家事を手伝っていただいたり、どうしても代わりのいないときはシッターさんに保育園のお迎えをお願いしたりしますが、やはり夫婦支え合ってやりくりする部分が大半です。



○子育て中の父親にもスポットライトを

そんな中、私は「子どもがいるから」という周囲の目に助けられて、なんとか時間内に仕事を終わらせて帰ることができます。けれど、夫は大学で唯一の感染症内科医として激務をこなし、臨床・教育・研究もこなし、感染制御や院内感染対策も担っていますが、子育てに割く時間やエネルギーは残念ながら仕事の上では認められません。

仕事と家庭の板挟み、まさにワークライフコンフリクトの真っ直中で、おそらく平均的な医師の勤務時間よりずっと多いと思われるタスクを引き受けながら、私以上にたくさんの人に理解し協力してもらって生きています。そんな夫を尊敬する中で、子育て中の父親医師側にも何らかのスポットライトをあてなければ、「女性だけ」の勤務改善では、女性も幸せになれないと痛感していました。

(続く)